• 音波浮揚(DEN-L-150)
    音波浮揚(DEN-L-150)
    3,300円
    音波浮揚(おんぱふよう)
    ①音波浮揚(おんぱふよう)を体験出来るキットです。

    ②音波浮揚とは、超音波で物体を浮揚(浮かせる)させる技術です。

    ③本キットは、超音波送信器をを上下に配置しています。
    超音波送信器の間は音圧により、物体が浮遊する領域が出来ます。
    この領域に発泡スチロールの小さい玉を設置し、浮揚させています。
    ④ACアダプターも付属しているので、すぐに実験出来ます。組立完成品です。

    ⑤音波浮揚を体験したい方に、最適なキットとなっています。

    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • ストレート方式AMラジオ(DEN-L-147)
    ストレート方式AMラジオ(DEN-L-147)
    4,500円
    ■ストレート方式AMラジオ
    ①ゲルマニウムラジオが理解出来たら、次のステップはストレート方式AMラジオです。

    ②ゲルマニウムラジオは場所によっては全く聞こえない事がありますが、ストレート方式AMラジオなら、強い電波の1局くらいなら聞くことが出来ます。

    ③回路は、共振回路→高周波増幅回路→検波回路→低周波増幅回路と、順を追って出来ているので、ラジオの基本原理がとても分かりやすく理解出来ます。

    ④本キットは、ラジオの設計方法も詳細に記載しました。

    ⑤低周波増幅回路は、トランジスタとアンプの2つの回路を用意したので、トランジスタならイヤフォン、アンプならスピーカーをならす事が出来ます。

    ⑥共振回路のコイルは、市販品の他に、自作で作れるよう、材料を用意しました。

    ⑦ラジオ設計の一歩に、最適なキットとなっています。

    ⑧ブレッドボードで回路図を見ながら実験するキットなので、ブレッドボードやジャンバー線の道具等は、ご自身でご準備下さい。

    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 7セグカウンター(DEN-L-149)
    7セグカウンター(DEN-L-149)
    2,700円
    ■7セグカウンター

    ①7セグメントLEDを使ったカウンターです。

    ②プログラムせず、ハードだけでカウンターを作っています。

    ③電子回路は、555で発振回路を作り、7セグメントLEDの後ろ側についているカウンターIC(CD4026B)を動作させ、7セグメントLEDのカウンターを動かしています。

    ④工作が簡単に出来るよう、モジュールを使っています。 
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 電波視覚化キット(DEN-L-148)
    電波視覚化キット(DEN-L-148)
    1,480円
    電波視覚化キット

    ①身の回りにある電波を、視覚化するキットです。

    ②電波に反応すると、LEDが点灯します。

    ③AMラジオの電波を、視覚化できないかと思い作ったので、反応する周波数帯は、AMラジオが聞ける中波(MF帯)です。

    ④電波を増幅する際、単電源オペアンプLM358を採用(GB積は1MHz)しているので、乾電池で動作可能です。

    ⑤ボリュームがあるので、感度調整も出来ます。

    ⑥アンテナ部に、スマートフォン、電源にさした延長ケーブル、カーテンレール、扇風機の電源コード、人が先端の金属部に触れても反応(LEDが点灯)します。

    ⑦夏休みの工作に、電波を探す自由研究に使っても、面白いです。

    ⑧ブレッドボード、ジャンパー線、電池は付属しませんので、ご自身でご用意下さい。 
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • マジックアイ体験キット!(DEN-L-146)
    マジックアイ体験キット!(DEN-L-146)
    5,100円
    マジックアイ体験キット

    ①マジックアイ(真空管の一種)を体験したい方向けのキットです。

    ②マジックアイは、真空管に蛍光物質を塗り、グリッド電圧により蛍光物質の光り具合が変わるように作られています。

    ③この事を利用し、信号の同調具合を、視覚化するのに利用されていました。

    ④高電圧にしないと、蛍光物質が光らないので、通常は家庭用AC100Vを利用しますが、取り扱いが悪いので、乾電池DC6Vを昇圧(インバーター回路)し、高電圧を作っています。
    ただ高電圧を取り扱うので、感電には注意して下さい。

    ⑤一般的なマジックアイは、円が表示されますが、本キットのマジックアイは、棒状に表示されます。
    ボリュームを回転させる事により、上下に光りが動きます。

    ⑥実験に必要な、ブレッドボード、ジャンパー線、ICクリップ、電池は、別途ご準備下さい。

    ⑦姉妹キットの「真空管体験キット(DEN-L-145)」も合わせて学ぶと、学習効果が高まります。 
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 真空管体験キット!(DEN-L-145)
    真空管体験キット!(DEN-L-145)
    5,140円
    真空管体験キット

    ①初めて真空管を触る方向けに作った、真空管体験キットです。
    通常、真空管は100Vの高電圧を使いますが、本キットは感電しないよう、乾電池で真空管を動作せます。

    体験出来る内容は、次の3つです。
    ・真空管を電気スイッチとして使う実験
    ・真空管を使った非安定マルチバイブレータの実験
    ・真空管をアンプとして利用する実験

    ②ブレッドボード上で実験出来るので、簡単に真空管を体験する事が出来ます。

    真空管をアンプとして利用する方法は、実験する為に、周波数発生器とオシロスコープが必要なので、ご自身でご用意下さい。

    実験する際、ブレッドボード、ジャンパー線、ICクリップ、電池は、別途ご準備下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • チップ部品半田付け練習セットを作ろう!(DEN-L-144)
    チップ部品半田付け練習セットを作ろう!(DEN-L-144)
    2,490円
    チップ部品半田付け練習セット を作ろう!

    ①最近の半導体部品は、チップ部品が多くなってきました。
    そこで、チップ部品の半田付けに慣れるために、チップ部品のセットを作ってみました。

    ②半田付けするだけでは面白くないので、半田付けした後は、チップ部品のLEDを点灯させ、動作を確認出来るようにしました。

    ③3セットご用意しました。

    ④電池ボックスもついているので、半田付け後、すぐに確認する事が出来ます。

    ⑤ブレッドボードとジャンパー線はご用意下さい。

    ⑥難易度です。
    ・パーツリスト1 難易度小
    ・パーツリスト2 難易度中
    ・パーツリスト3 難易度大
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    チップ部品半田付け練習セット
  • コイル実験キット3(相互誘導)を作ろう!(DEN-L-143)
    コイル実験キット3(相互誘導)を作ろう!(DEN-L-143)
    2,180円
    コイル実験キット3 (相互誘導) を作ろう!

    ①相互誘導を実験し、体験出来るキットです。

    ②相互誘導とは、2つのコイルを並べ、片方に交流を流すと、もう片方のコイルにも電流が流れる現象の事です

    ③スマホのワイヤレス充電、電動歯ブラシの充電、I Hの料理器具、電柱にあるトランス、テスラコイルなどに利用されています。

    ④コイルの実験は高電圧を取り扱うものが多い中、このキットは乾電池で動くので、簡単で安全に実験出来ます。

    ⑤コイルに慣れたい方に、安心してお勧め出来ます。

    ⑥さらに道具は、乾電池9Vとブレッドボードのみご用意頂くだけで実験出来ます。

    ⑦乾電池9Vとブレッドボードは、ご自身でご用意下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    コイル実験キット3(相互誘導)
  • コイル実験キット2(火花発生器)を作ろう!(DEN-L-142)
    コイル実験キット2(火花発生器)を作ろう!(DEN-L-142)
    2,980円
    コイル実験キット2 (火花発生器) を作ろう!

    ①高周波トランスを使った、火花を発生させるキットです。

    ②プリント基板の通り部品を配置し、半田付けするだけなので、工作は簡単です。

    ③高電圧を扱うので、取り扱いには十分注意して下さい。

    ④電子回路が発熱し、また、イオン臭くなるので、長時間使用しないで下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    コイル実験キット2(火花発生器)
  • コイル実験キット1(テスラコイル)を作ろう!(DEN-L-141)
    コイル実験キット1(テスラコイル)を作ろう!(DEN-L-141)
    4,980円
    コイル実験キット1 (テスラコイル) を作ろう!

    ①小さなテスラコイルが作れるキットです。

    ②空中放電を観察する事が出来、付属のネオンランプを近づけると、ネオンランプが光ります。

    ③音楽プレーヤーを差し込むと、放電音が音楽になり聞こえます。

    ④トランジスタやFETがとても発熱するので、長時間放電させないで下さい。

    ⑤放電中、空気がイオン化されにおいます。体に悪いので、長時間放電させないで下さい。

    ⑥高電圧を扱いますので、感電には十分注意して下さい。

    ⑦音楽プレーヤーは付属していませんので、ご自身でご用意下さい。 
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    コイル実験キット1(テスラコイル)
  • ワイヤレス電源実験キットを作ろう!(DEN-L-140)
    ワイヤレス電源実験キットを作ろう!(DEN-L-140)
    4,300円
    ワイヤレス電源実験キットを作ろう!

    ①IH家電、電気ポット、電動歯ブラシ、携帯の充電器などに使われている、ワイヤレス電源を体験するキットです。

    ②電気が供給される仕組みが分かるように、送信器及び受信器は、市販のモジュールでなく、自分で回路を組み上げて作ります。その為、回路の仕組みが理解出来ます。

    ③受信コイル付き。 
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • キャラクター蛍光表示管を作ろう!(DEN-L-139)
    キャラクター蛍光表示管を作ろう!(DEN-L-139)
    10,800円
    キャラクタ蛍光表示管を作ろう!

    ①Arduinoを使い、UARTで文字コードを送ると、文字が表示される蛍光表示管(VFD)です。

    ②蛍光表示管は、暗闇でも見え、低温でも動作するデバイスで、ゲーム機、自動車のメータ、電車の社内案内、電飾看板、家電などに利用されました。

    ③技術的に成熟され、信頼性もあり、高級感もあるので、現在でも現役のデバイスです。

    ④通常はソフトウェアシリアル通信を使いますが、本キットは勉強のため、Arduinoのハードウェアシリアル通信を使います。

    ⑤Arduinoは付属しません。 

     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    キャラクタ蛍光表示管
  • ハローキティを奏でる回路を作ろう!(DEN-L-138)
    ハローキティを奏でる回路を作ろう!(DEN-L-138)
    5,900円
    ハローキティを奏でる回路

    ①焦電センサーモジュールが反応すると、ハローキティのメロディーを奏でながらセリフをしゃべります。

    ②フォトカプラを使った、おもちゃの改造のやり方は、典型的なやり方なので、ぜひマスターして下さい。

    ③フォトカプラは機械式のリレーと違い、音がしないので、本キットのような音モノのおもちゃとは相性抜群です。

    ④直径1.5mmの穴をあけるドリルが必要です。

     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    ハローキティを奏でる回路
  • パトランプを作ろう!(DEN-L-137)
    パトランプを作ろう!(DEN-L-137)
    12,800円
    パトランプ

    ①ゲームスイッチを入れると、アラーム音と音声を発しながら、パトランプが回転する回路です。

    ②音声はMP3プレーヤーなので、データを用意すれば音声ばかりでなく曲を再生する事も出来ます。

    ③音声ファイルが入った、マイクロSDカード付き。

    ④実はこのキット、電子工作塾の宿題用に開発しました。

    ⑤フォトインタラプタ、オープンコレクタ、PWM、電源、リレー、プルアップなど、習った技術を色々使うので、授業の復習に最適なキットになっています。

    ※Arduinoは付属していないので、ご自身でご用意下さい。

     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    パトランプ
  • ロータリーエンコーダを作ろう!(DEN-L-136)
    ロータリーエンコーダを作ろう!(DEN-L-136)
    2,980円
    ロータリーエンコーダ

    ①ロータリーエンコーダを学ぶ為のキットです。

    ②ロータリーエンコーダを回転させると、Arduinoのシリアルコンソール画面に回転方向と回転ステップ数が表示され、回転方向に対応したLEDが点灯します。

    ③チャタリング防止回路は、簡易的タイプとしっかりしたタイプが学べるよう、2種類で出来ています。

    ④Arduino用のサンプルプログラムは、ステップアップ方式で学べるよう、5種類用意しました。

    ※Arduinoは付属していないので、ご自身でご用意下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    ロータリーエンコーダ
  • 加算器(計算機)を作ろう!(DEN-L-135)
    加算器(計算機)を作ろう!(DEN-L-135)
    1,980円
    加算器(計算機)

    ①組み合わせ回路を使い、計算機を作るキットです。

    ②計算機は、半加算器、全加算器、複数ビットの加算器(5ビット+5ビット)の中から選べます。

    ③ブレッドボードを使い、半加算器→全加算器→複数ビットの加算器の流れで作ると、計算機のしくみが理解しやすいです。

    ④論理回路設計に慣れたい方に、最適なキットです。

    ⑤当店から販売されている「電子サイコロ(組み合わせ回路)DEN-L-083」を学んだ後に学ぶと、学習効果が高まります。

    ※ブレッドボードやジャンパー線、電池ボックス4.5Vは別途ご用意下さい。

    ※組み合わせ回路は、配線が多くハンダ付けするのは大変なのでお勧めしません。そのためハンダ付け用の、基板や配線材はキットには含まれていませんので、ハンダ付けまでされる方は、別途ご用意下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • シフトレジスタ 74HC595を作ろう!(DEN-L-133)
    シフトレジスタ 74HC595を作ろう!(DEN-L-133)
    3,890円
    シフトレジスタ 74HC595

    ①74HC595の動きが理解出来るキットです。

    ②74HC595は、沢山のLEDを光らせたり、情報をシリアルからパラレルへ変換するのに利用されます。

    ③通常はArduinoのようなマイコンで制御しますが、本キットは動作が理解出来るよう、手動でスイッチを押して制御します。

    ④手動で制御すると、スイッチのチャタリング(スイッチが接触する際ONとOFFを繰り返す現象の事)が問題になるので、チャタリング防止回路を入れています。

    ⑤74HC595を理解されたい方、チャタリング防止回路を理解されたい方に最適なキットです。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • ミスト発生器を作ろう!(DEN-L-134)
    ミスト発生器を作ろう!(DEN-L-134)
    4,820円
    ミスト発生器

    ①ミスト(霧)を発生する電子回路です。

    ②ミストを発生させる方法には、いくつかの方法がありますが、本キットは超音波圧電セラミックを使っています。

    ③超音波圧電セラミックを使う方法は、100円ショップの加湿器や、恐竜の口からミストを発生させるおもちゃ、ハンディー扇風機などに利用されています。

    ④ミストを発生させるには、超音波圧電セラミックに高電圧をかける必要があります。

    ⑤本キットの回路も、高電圧を扱うので、感電には注意して下さい。

    ⑥連続でミストを発生させると、コイル部分が熱くなるため、連続使用は出来ないため、実用性は低いです。 実験程度に、ご利用下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • パネルメーターを作ろう!(DEN-L-132)
    パネルメーターを作ろう!(DEN-L-132)
    980円
    パネルメーター

    ①パネルメーターです。

    ②測定したいモノにつなぐだけで、電圧がデジタル表示されます。

    ③測定物から電気をもらいますので、電池は不要です。

    ④測定電圧は、3V~15Vまで、消費電流は10mA以下です。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • MP3プレーヤーを作ろう!(DEN-L-131)
    MP3プレーヤーを作ろう!(DEN-L-131)
    4,800円
    MP3プレーヤー

    ①MP3モジュールを使った、MP3プレーヤーです。
    焦電センサーに反応すると、MP3プレーヤーが再生します。

    ②焦電センサーは、赤外線の動きに反応するので、暗闇でも反応します。

    ③MP3プレーヤーは、マイクロSDカードに対応、複数の音声データを入れておけば、焦電センサーに反応するたびに、次の音声データが自動再生されます。

    ④全部の音声データが再生されたら、また最初の音声データが再生され、以下ループで再生されます。

    ⑤電源は、マイクロUSB 5Vです。

    ⑥マイクロSDカード付き(サンプル音声が入っています)。

    ⑦音量は固定です。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    MP3プレーヤー
  • お風呂ブザーを作ろう!(DEN-L-130)
    お風呂ブザーを作ろう!(DEN-L-130)
    3,980円
    お風呂ブザー

    ①お風呂のお湯がいっぱいになると、ブザーが鳴るキットです。

    ②お風呂ばかりでなく、水槽や子供のプール、雨が降ってきた事をお知らせするブザーとして使えます。

    ③昔からあるキットで、水位センサーが反応すると、ブザーがなる回路です。

    ④昔と違いモジュールを使っているので、回路は単純です。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    お風呂ブザー
  • 色を読み取る回路を作ろう!(DEN-L-129)
    色を読み取る回路を作ろう!(DEN-L-129)
    4,600円
    色を読み取る回路

    ①色センサーを使い、色を読み取る回路です。

    ②赤色を照射すると赤色のLED、青色を照射すると青色のLED、緑色を照射すると緑色のLEDが点灯します。

    ③回路はArduinoの、I2C通信を利用し、色センサーは3.3V、Arduinoは5Vのため、レベル変換モジュールを利用しています。

    ④照射する色は、フルカラーLEDが付属しているので、CR2032のボタン電池で簡単に作れます。

    ⑤回路が色を認識している様子は、何か有機的なものを感じます。
    簡単に色を認識するので、すごい時代になったと思います。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • パルス発生回路を作ろう!(DEN-L-128)
    パルス発生回路を作ろう!(DEN-L-128)
    1,980円
    パルス発生回路

    ①センサーが反応したら、一瞬だけパルスを発生させる回路です。

    ②センサーと言っても、反応したら信号を出し続けるものや、しばらくしたら信号を出すのをやめるものなど、色々なセンサーがあります。

    ③時間制御している時や、複数の信号を制御する時などは、センサーが反応した事実だけ欲しい場合があります。そのような場合に利用する回路です。

    ④本キットは入力に、光センサーのフォトインタラプタを使い、フォトインタラプタが反応したらパルスを1回発生させます。

    ⑤動作タイミングは、モノがなくなったらパルスを発生させます。

    ⑥発生させる回路は、ロジックICを使った回路です。

    ⑦かなり地味な回路ですが、覚えておくと何かあった際、役立つ回路です。

    ⑧パルスはオシロスコープで確認して下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    パルス発生回路
  • 周波数分周器を作ろう!(DEN-L-127)
    周波数分周器を作ろう!(DEN-L-127)
    2,450円
    周波数分周器

    ①周波数を数分の1に落とすことを分周と言い、分周するI Cの事を、分周器(プリスケーラ)と言います。

    ②通常、電子回路で作った周波数は早いので、人が使えるよう遅くします。

    ③遅くなれば、時計や間欠タイマーなど、時間制御に利用出来ます。

    ④本キットの分周器TC4521BPは、早い周波数をボリュームRTとコンデンサCTで作り、分周した信号を2進数で出力します。

    ⑤出力にLEDを取り付ける事で、目で分周の様子が確認出来るようにしました。

    ⑥分周器を始めて学ぶのに、最適なキットです。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    周波数分周器
  • 携帯充電機を作ろう!(DEN-L-126)
    携帯充電機を作ろう!(DEN-L-126)
    在庫数 : 29
    1,980円
    携帯充電機(昇圧回路)

    ①単三乾電池2本(3V)を使い、携帯を充電する(5V)キットです。

    ②乾電池で充電するので、電池の容量がなくなったら、充電終了です。

    ③携帯の電池を充電すると言うよりは、電池でなんとか携帯を動かすキットです。

    ④回路は、3Vを5Vに昇圧する、DCDCコンバーターです。昇圧するのに、HT7750Aと言うI C を使います。

    ⑤昇圧する外付け部品は、コイル、コンデンサ2個、ショットキーバリアダイオードと、部品点数が少ないです。

    ⑥5V出力のコネクタは、USBのAタイプメスです。

    ⑦携帯につなぐUSBケーブルは、付属していません。

    ⑧万が一、当店のキットにより、携帯が故障しても、当店では責任を終えませんので、予めご了承の上、お買い求め下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
  • Nゲージコントローラー電池式を作ろう!(DEN-L-125)
    Nゲージコントローラー電池式を作ろう!(DEN-L-125)
    2,980円
    Nゲージコントローラー電池式

    ①アルカリ乾電池9Vで動く、Nゲージをコントローラーです。
    コンセントが無い場所で、ちょっとNゲージを動かしたい時に便利です。

    ②前進・停止・後進・速度制御が出来ます。
    停車時は消灯します。
    停車時も点灯させたい場合は、姉妹品の「Nゲージコントローラー(DEN-L-124)」をお使い下さい。

    ③DCフィーダーは、トミックスの「Nゲージ 5534 DCフィーダーN」です。

    ④最大出力は、電源がアルカリ乾電池9Vなので、1A程度です。
    そのため、暴走列車のような速度で走らせる事は出来ません。

    ⑤万が一コントローラーの影響による、Nゲージの車両が損傷しましても、当店は責任を負わないことを、予めご了承の上、お買い求め下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • Nゲージコントローラーを作ろう!(DEN-L-124)
    Nゲージコントローラーを作ろう!(DEN-L-124)
    4,800円
    Nゲージコントローラー

    ①Nゲージをコントロールする、コントローラーです。

    ②前進・停止・後進・速度制御・停車時でも点灯出来ます。

    ③制御方法はPWM制御で、速度調整、低速走行、停車時点灯を実現させています。

    ④DCフィーダーは、トミックスの「Nゲージ 5534 DCフィーダーN」です。

    ⑤最大出力は、12V、1Aで回路設計しています。

    ⑥万が一コントローラーの影響による、Nゲージの車両が損傷しましても、当店は責任を負わないことを、予めご了承の上、お買い求め下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
    Nゲージコントローラー
  • 光に反応する録音再生キットを作ろう!(DEN-L-123)
    光に反応する録音再生キットを作ろう!(DEN-L-123)
    3,220円
    光に反応する録音再生キット

    ①当店から販売している録音再生キット(DEN-L-119)の光バージョンです。

    ②光に反応すると、録音した音声が再生されます。

    ③ 録音時間は最大10秒で、電源を切っても録音は保持されます。 再録音すると、上書きされます。

    ④また、光センサーだけでなく、プッシュスイッチを押すことにより、再生することも可能です。

    ⑤アンプは、録音再生キット(DEN-L-119)と同じではつまらないので、違うアンプにしています。

    ⑥さらに電源も変更し、5VのマイクロUSBを使用しました。

    ⑦マイクロUSBケーブルは付属していませんので、ご自身でご用意下さい。
     
    詳しくはこちらをご覧下さい。
    電子キット
  • ArduinoドットマトリクスLEDを作ろう!(DEN-L-122)
    ArduinoドットマトリクスLEDを作ろう!(DEN-L-122)
    2,480円
    ArduinoドットマトリクスLED

    ①Arduino UNO Rev.3で、ドットマトリクスLEDを点灯させます。

    ②ドットマトリクスLEDは、ダイナミック方式と呼ばれる方法で、点灯させる構造になっています。

    ③本キットの点灯方法を理解すれば、後はどのドットマトリクスLEDも、同じ考え方で点灯させる事ができます。

    ④プログラムのサンプルは4種類、用意しました。
    「ドットの移動、ラインの移動、一文字表示、文字のアニメーション」です。

    ⑤Arduino UNO Rev.3の本体及び、Arduinoの開発環境は、付属していませんので、ご自身でご用意下さい。

    ⑥ドットマトリクスLEDは、普通のブレッドボードにはささらないので、2つのブレッドボードをつないで下さい。
     

    電子キット
  • サイレンの音キットを作ろう!(DEN-L-121)
    サイレンの音キットを作ろう!(DEN-L-121)
    2,580円
    サイレンの音キット

    ①「パトカーのサイレン、消防車のサイレン、救急車のサイレン、マシンガン」の音が鳴るキットです。

    ②ボリュームを回転させる事により、それぞれの音の調子を変えることができます。

    ③パトカーと救急車の音は、防犯ブザーと似ているので、緊急のサイレン音回路として、利用出来そうです。
     

    電子キット
  • 効果音ICキットを作ろう!(DEN-L-120)
    効果音ICキットを作ろう!(DEN-L-120)
    在庫数 : 5
    5,400円
    効果音ICキット

    ①「列車、赤ちゃん、トラック、自動車」の効果音が鳴る、音モノキットです。

    ②プッシュスイッチを押すと、効果音が鳴ります。

    ③ボリュームがついているので、音量を調節することが出来ます。

    ④電子回路は効果音ICを使用、効果音ICだけでは、音が小さいので、アンプICを使い音量をあげています。

    ⑤アンプICは、BTL方式のHT82V739と呼ばれるICで、外付け部品が少なく、使いやすいICを使用しています。

    ⑥効果音ICは、全部で4個のICを付属、使いたい音に合わせ、セットして下さい(列車で1個のIC、赤ちゃんで1個のIC、トラックで1個のIC、自動車で1個のIC)。
     

    電子キット
  • 録音再生キットを作ろう!(DEN-L-119)
    録音再生キットを作ろう!(DEN-L-119)
    4,980円
    録音再生キット

    ①声を録音し、再生するキットです。

    ②録音時間は最大10秒で、電源を切っても録音は保持されます。

    ③再録音すると、上書きされます。

    ④距離センサー(20cm程度に反応)を取り付けたので、距離センサーに反応すると、録音を再生します。
    また、距離センサーだけでなく、プッシュスイッチを押すことにより、再生することも可能です。

    ⑤アンプも取り付けたので、音量が大きいです。

    ⑥実はこのキット、録音再生モジュールに、距離センサーとアンプを取り付けただけです。

    ⑦録音再生モジュールを買ったけど、人が近づくと反応させたい ! 音が小さい ! などのお問い合わせに、お応えしました。

    ⑧電子工作の宿命、音質は悪く、ザーという、雑音もあります。
     

    電子キット
  • ArduinoBootloaderセットを作ろう!(DEN-L-118)
    ArduinoBootloaderセットを作ろう!(DEN-L-118)
    2,980円
    ArduinoBootloaderセット(アルデュイーノ ブートローダーセット)

    ①Arduinoは、パソコンにつなぐためのUSBの差込口や、ライターなどが実装されているため、大きく、また価格を高いものにしています。

    ②そのためArduinoを使い量産すると、価格が高くなってしまいます。

    ③本キットは、このUSBの差込口や、ライターなど、余分なものを取り除き、必要最小限の部品だけでアルデュイーノを動かすキットです。

    ④本キットの方法を覚えておけば、アルデュイーノをブレッドボードに再現でき、また価格も安く出来るようになります。

    ⑤説明書は、無安定マルチバイブレーターの回路を、ArduinoBootloaderを使い再現します。

    ⑥本キットを使うには、書き込み用に、通常のArduinoが1セット、必要となります。 

  • Arduino体験キットを作ろう!(DEN-L-117)
    Arduino体験キットを作ろう!(DEN-L-117)
    11,800円
    Arduino体験キット

    ①趣味の世界でマイコンと言えば、PICマイコンが一般的でした。 ただ、コンフィグと言われる設定が複雑なため、初心者が使うには、敷居を高いものにしていました。

    ②最近(2019年3月現在)では、Arduinoと呼ばれるマイコンが、趣味の世界で使われるようになりました。

    ③Arduinoは、初心者でも簡単に使えるばかりか、プログラムも豊富に用意されているため、買ったその日から動かすことが出来ます。 また、ライターと呼ばれる、プログラムをマイコンに書き込むハードも一体になっているため、PICマイコンで必要だったライターが不要です。

    ⑤本キットは、当店の電子工作塾で利用しているキットで、最初にマイコンに触れる生徒さん用に、開発したものです。

    ⑥動きは、電源スイッチを入れると、4つの赤色LEDが左右にパラパラ光り、プッシュスイッチを押すとLEDが消灯するとともにDCモータが回転します。

    ⑦開発言語は、Arduino言語です。

    ⑧当店で使用している、オリジナルテキスト付きです。

    ⑨パソコンとArduinoのソフト(無料でダウンロードできます)は、別途ご用意下さい。 

    電子キット
  • ELインバーターを作ろう!(DEN-L-116)
    ELインバーターを作ろう!(DEN-L-116)SOLD
    在庫数 : 0 個
    7,560円
    ELインバーター

    ①ELシートを点灯させる回路です。

    ②ELシートは、はさみで自由にカット出来るのが特徴です。

    ③回路は、当店で販売している「インバーター回路(555)DEN-L-115」と、ほとんど同じですが、ELシートは高電圧で点灯するため、電流や電圧を大きくする回路を、付け加えています。

    ④ボリュームを回転させると、明るさを調節することが出来ます。

    ⑤組立の際は、ユニバーサル基板に、直径3mmの穴を開ける工具が必要です。

    ⑥本キットは、点灯させる仕組みを理解するための、学習用です。

    ⑦ELシート(200mm×60mm)も付属しています。

    電子キット
  • インバーター回路(555)を作ろう!(DEN-L-115)
    インバーター回路(555)を作ろう!(DEN-L-115)
    2,140円

    インバーター回路(555)


    ①タイマーIC 555を使った、インバーター回路(乾電池の直流から交流を作る回路)です。


    ②通常555を使った、無安定マルチバイブレーターは、0Vと5Vの間を発振しますが、本回路は、約3Vと約-3Vの間を発振します。意外と、-3Vまで発振してくれる、インバーター回路の情報がないため、制作しました。


    ③回路は、555、トランジスタ、コンデンサ、抵抗で出来ているため、とても簡単です。


    ④ボリュームを回転させることにより、周波数をかえることが出来ます。


    ⑤出力の波形は、方形波ですが、コンデンサの充放電を利用しているので、綺麗な方形波ではありません。


    ⑥周波数を実測すると、534Hz~2400Hzでした。


    ⑦出力波形を観測するために、別途、オシロスコープが必要です。


    詳しい説明はこちらです。

    インバーター回路(555)
  • 単安定マルチバイブレータ(専用IC)を作ろう!(DEN-L-114)
    単安定マルチバイブレータ(専用IC)を作ろう!(DEN-L-114)
    2,140円

    単安定マルチバイブレータ(専用IC)


    ①専用ICのTC74HC221APを使った、単安定マルチバイブレーターです。


    ②プッシュスイッチを押すと、一度だけLEDが点灯し、暫くすると消灯します。


    ③点灯時間は、理論値で1秒から10秒です(±20%ぐらい誤差があります)。


    ④点灯している間にトリガのプッシュスイッチを押しても、点灯が終わるまで反応しません。


    ⑤ボリュームとコンデンサを変更することにより、点灯時間を変更することも可能です。


    ⑥点灯時間を変更される方は、マニュアルに情報を記載しましたので、参考にして下さい。


    ⑦同じように単安定マルチバイブレーターTC74HC123APもあります(当店の手動サーボモータDEN-L-069で使用しているIC)。

    こちらは、トリガーが入力されるとそのトリガも有効となり、単安定を持続することができ、本キットのICと微妙に動きが違います。


    詳しい説明はこちらです。

    単安定マルチバイブレータ(専用IC)
  • 3曲メロディーICを作ろう!(DEN-L-113)
    3曲メロディーICを作ろう!(DEN-L-113)
    2,140円

    3曲メロディーIC


    ①メロディーICを使った、電子オルゴールです。


    ②音に合わせて、7色LEDと3つの赤色LEDが点滅します。


    ③「8Ω 0.5W 直径35mm」のスピーカーを搭載しているので、大きな音がでます。


    ④本キットは、3曲がループするように配線しますが、配線を変えれば、1つの曲だけ演奏させることもできます。


    ⑤別途、抵抗を付け替えれば、演奏のテンポを変えることもできます。


    ⑥部品点数が少ないので、とてもシンプルです。



    詳しい説明はこちらです。

    3曲メロディーIC
  • 昇圧回路(DC6VからDC100V)を作ろう!(DEN-L-112)
    昇圧回路(DC6VからDC100V)を作ろう!(DEN-L-112)
    3,920円

    昇圧回路(DC6VからDC100V)

    ①アルカリ単三乾電池4本(直流6V)から、直流100Vを作る、昇圧回路で、DCDCコンバーターとも言います。


    ②ボリュームで、電圧をDC10V~DC180Vまで調節出来ますが、数十ボルト変動する電圧で、綺麗な電圧ではありません。


    ③昇圧させる回路は、スイッチング素子、コイル、ダイオード、コンデンサを利用した、チョッパ方式と呼ばれる回路です。


    ④スイッチング素子に、DCーDCコンバーターIC(NJM2360)とトランジスタを利用しています。


    ⑤出力端子には、みの虫クリップを取り付けているので、テスター棒をつかみ、直流100Vを観測することが出来ます。


    ⑥直流100Vなので、付属のネオン管を点灯出来ます。


    ⑦昇圧回路を体験したい方、コイルを使った電子工作を体験したい方に、最適な教材となっています。


    ※直流100Vという、高電圧を取り扱いますので、感電にはくれぐれもご注意下さい。


    ※コイル、トランジスタは、発熱します。


    ※電池はすぐになくなり、実用性はありません。



    詳しい説明はこちらです。

    昇圧回路(DC6VからDC100V)
  • クリップモーターを作ろう!(DEN-L-111)
    クリップモーターを作ろう!(DEN-L-111)
    3,500円

    クリップモーター

    ①理化学実験では誰が考えたか分かりませんが、有名な実験があります。


    ②本キットはその中の一つ、クリップモーターです。

    コイルにした導線を、電池につなぎ、磁石を近づけると、DCモーターが出来るというものです。


    ③モーターの回転する仕組みが分かりやすいので、教材に利用されています。

    ただこのクリップモーター、確かに構造は単純なのですが、単純が故に、工作をしっかり作らないと、上手く回りません。


    ④そこでキット化して、少しでも工作技量の影響を、少なくしました。


    ⑤本キットはクリップは使わず、変わりにユニバーサル金具を使用していますので、正確にはクリップモーターと呼べませんが、原理は同じです。


    ⑥モーターの原理と、コイルの理解のために開発したキットなので、コイルの特性を表す、インダクタンスやQの値などの説明も、マニュアルに記載しました。

    コイルを理解したい方にも、良い教材になっています。


    ※ユニバーサル金具(厚さ0.8mm程度のアルミ)に、直径1mmnの穴を、開ける必要があります。


    詳しい説明はこちらです。

    クリップモーター
  • ブラシレスモータードライバーを作ろう!(DEN-L-110)
    ブラシレスモータードライバーを作ろう!(DEN-L-110)
    在庫数 : 11
    4,800円
    ブラシレスモータードライバー

    ①ラジコン飛行機などに利用されている、ブラシレスモーターを動かすキットです。

    ②Hブリッジ回路も取り付けているので、スイッチで正転と逆転が出来ます。

    ③通常ブラシレスモーターを使う場合は、ブラシレスモーターを操作するためのコントローラーも同時購入し、コントローラーの操作説明書を見て使います。
    そのため、コントローラーの中身は、ブラックボックスになっています。
    本キットは、簡易的なコントローラーを作るキットです。

    ③一般的に、ラジコン飛行機用のブラシレスモーターは、1A以上の大きな電流で使うことが多く、本キットは1Aで設計(トランジスタの選定、配線材の選定、スイッチの選定)しているので、モーター本来の性能を発揮する事が出来ません。そのため回転速度が遅く、トルクも小さくなります。しかしそれでも、トランジスタはかなり発熱するので、ブラシレスモーターの動作確認にとどめて下さい。

    ④ブラシレスモーターが動く仕組みの教材として、ご利用下さい。

    ⑤ブラシレスモーターは付属していますが、ホームページ掲載写真と違うことがあることを、予めご了承下さい。

    ⑥ブラシレスモーターの制御は、PICマイコンを使って制御しています。

    ⑦基板に直径6.5mmの穴あけ加工が必要です。

    電子キット
    ブラシレスモータードライバー
  • 赤外線リモコン送信機を作ろう!(DEN-L-109)
    赤外線リモコン送信機を作ろう!(DEN-L-109)
    3,320円
    赤外線リモコン送信機

    ①赤外線を発光する、赤外線リモコン送信機です。

    ②5つのスイッチを押すと、それぞれのスイッチに対応した光り信号(光りの点滅)が出力されます。

    ③本キットを使うと、当店から販売されている、赤外線リモコン受信機(DEN-L-108)を、操作することが出来ます(本キットのプッシュスイッチを押すと、赤外線リモコン受信機(DEN-L-108)のLEDが点灯もしくは消灯させることが出来ます)。

    ④マイコンは、PIC16F88マイコンで、C言語を利用しています。

    ⑤送信機と受信機、合わせて学ぶと、学習効果が高くなります。

    電子キット
    赤外線リモコン送信機
  • 赤外線リモコン受信機を作ろう!(DEN-L-108)
    赤外線リモコン受信機を作ろう!(DEN-L-108)
    4,120円
    赤外線リモコン受信機

    ①赤外線リモコンに反応する、赤外線リモコン受信機です。

    ②付属のリモコンのスイッチを押すと、スイッチ毎にLEDが点灯します。

    ③基本的に、付属のリモコンで反応し、ご家庭のリモコンには反応しませんが、一部反応するリモコンもあります。

    ④リモコンには沢山のスイッチがついていますが、受信機には4つのLEDしかついていませんので、4つのスイッチのみ反応します。

    ⑤プログラムが分かる方は、付属のリモコンの仕様が公開されているので、4つ以外のスイッチを使い、別途LEDを追加し、点灯することも可能です。

    ⑥付属のリモコンは、100回くらいボタンを押さないと、正確な赤外線がでないことを、当店で確認しています。
    特に寒い冬場は顕著のため、リモコンはオマケ扱いです。
    気になる方は、赤外線リモコン発信機を自作して下さい。

    ⑦制御は、PIC16F88マイコンのC言語で制御しています。

    ⑧付属リモコン付

    電子キット
    赤外線リモコン受信機
  • PICタイマー0を作ろう!(DEN-L-107)
    PICタイマー0を作ろう!(DEN-L-107)
    2,180円
    PICタイマー0

    ①PICマイコンのタイマー0を使って、LEDを点滅させています。

    ②PICマイコンでLEDを点滅させる際、delay関数を使うことが多いですが、delayを使うとプログラムをとめてしまうので、LEDとは別にモータを制御するなど、平行処理が出来なくなります。

    ③そこでタイマーを使うと、並行処理が可能になります(実際は平行処理ではないですが)。

    ④タイマー機能をWebで検索すると、色々出てきますが、どれも多機能にしているため、どれがタイマーに必要か分かり難くなっています。

    ⑤本キットは、LEDを点滅させることに特化しているため、余計なプログラムがありません。

    ⑥このキットで、PICのタイマー0機能を身につけて下さい。

    ⑦PICは、PIC16F88で、タイマー0の機能を利用しています。

    電子キット
    PICタイマー0
  • リレーキットを作ろう!(DEN-L-106)
    リレーキットを作ろう!(DEN-L-106)
    3,140円
    リレーキットを作ろう!

    ①リレーは、小さな電流で大きな電流を、制御する部品です。

    ②本キットでは、分かり易いようにするため、大きな電流の端子に、「LED・モータ・ブザー」の3つを取り付けています。

    ③そのため、小さな電流を流すと、「LED・モータ・ブザー」がそれぞれ動作します。

    ④スケルトンなので、接点が機械的に動いている様子を観察することが出来ます。

    ⑤リレーは、接点同士を上手くつなぐと、制御回路を作る事が出来、本キットではモータを正転、逆転させる回路を作っています。

    ⑥リレーの構造を理解したい方に、最適なキットとなっています。

    電子キット
    リレーキット
  • 簡易水平器を作ろう!(DEN-L-105)
    簡易水平器を作ろう!(DEN-L-105)
    4,100円
    簡易水平器を作ろう!

    ①加速度センサーモジュールを使い、簡単な水平器を作ります。

    ②キット本体を傾けると、LEDアレイのドットが左右へ動き、中央を維持しようとします。

    ③精度は半固定ボリュームで、初期値を設定するため、アバウトな水平器となります。

    ④加速度センサーはモジュールのため、特別な回路は必要ありません。

    ⑤モジュールは、3軸(X軸、Y軸、Z軸)もっていますが、本キットではX軸のみ使います。

    ⑥オペアンプ(単電源・フルスイング)は、減算回路として利用しています。

    ⑦通常、加速度モジュールを使用する場合は、マイコンを使って制御しますが、本キットはマイコンを使用せず、一般的なICを使い制御するため、プログラムの知識は必要ありません。


    電子キット
    簡易水平器
  • レーザーポインターを作ろう!(DEN-L-104)
    レーザーポインターを作ろう!(DEN-L-104)
    2,140円
    レーザーポインターを作ろう!

    ①今では簡単に手に入るレーザーポインタです。

    ②回路は非常にシンプルで、出力は低出力のクラス2です。

    ③電源は、単5乾電池2本(3V)です。

    ④本キットだけでは、キットを完成することはできません。
    別途、ケースを加工するドリル(直径6mm、直径10mm)、ホットボンド、ハンダなど、道具が必要です(ドリルはリーマーがお勧めです)。
    ご自分でご用意ください。

    ⑤レーザの光を絶対に目にあてないで下さい。
    本キットのご使用は、ご自身の責任で利用して下さい。
    本キットの故障またはその使用上生じた、直接または間接の損害につきましては、一切責任を負いません。

    電子キット
  • 超音波送受信機を作ろう!(DEN-L-103)
    超音波送受信機を作ろう!(DEN-L-103)
    4,380円
    超音波送受信機を作ろう!

    超音波を送信する送信機と、受信する受信機のセットです。

    ②本キットの送信機を、受信機に向けると、受信機の出力から弱い電圧が出力されます。

    ③受信機からは、弱い電圧が出力されるだけなので、その後に人が分かる出力回路など、別途回路が必要です。

    ④当店から販売している、DCモーター出力回路(DEN-L-048)は、この出力回路に対応しているので、超音波を受信すると、DCモータが回転する動きを実現することが出来ます。

    ⑤感度調整は出来ません。

    ⑥送受信のセットです。 

    電子キット
    超音波送受信機
  • 人感センサー(焦電モジュール)を作ろう!(DEN-L-102)
    人感センサー(焦電モジュール)を作ろう!(DEN-L-102)
    2,480円
    人感センサー(焦電モジュール)を作ろう!

    ①人の体温に反応するセンサー、人感センサー(焦電型赤外線モジュール)のキットです。

    ②焦電効果(しょうでんこうか)とは、熱を加えた時、その表面の両端に正負の電荷が分かれて発生する現象の事を言います。
    この焦電を示す物質を、焦電体と言います。

    ③宝石で利用されるトルマリンは(電気石)は、焦電体で、熱すると、静電気を帯びます。

    ④本キットは、この焦電体に増幅回路などを内臓した焦電型赤外線モジュールを利用し、人の赤外線に反応すると、LEDが点灯し、しばらくすると消灯します。

    ⑤人感センサーが反応すると、出力端子はHレベル(3V)になり、反応しない場合はLレベル(0V)です。

    ⑥Hレベルの保持時間も、調節(約5秒~60秒)出来ます。

    電子キット
    人感センサー(焦電モジュール)
  • 太陽電池充電実験キットを作ろう!(DEN-L-101)
    太陽電池充電実験キットを作ろう!(DEN-L-101)
    4,330円
    太陽電池充電実験キットを作ろう!

    ①太陽電池はクリーンな電気ですが、電圧や電流が低く、そのまま使うには、実用的ではありません。

    そこで、通常は乾電池のように、直列つなぎや並列つなぎをし、高い電圧や電流を作っています。

    ②本キットは、太陽電池を直列つなぎして電圧をあげ、並列つなぎして電力を上げています。

    ③発電した電気は、そのままLEDを光らせるために使ったり、LEDを光らせない時は、コンデンサへ充電します。

    ④コンデンサへ充電した電気を使い、LEDを光らせることもできます。

    ⑤通常LEDを点灯させる際、抵抗を使いますが、ここでは勉強の意味を兼ねて、定電流ダイオードを使います。

    ⑥本キットを使い、太陽電池の使い方、コンデンサの充放電、定電流ダイオードの使い方を学びましょう !

    電子キット
    太陽電池充電実験キット

(全商品 : 211点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索